波の、塔




mp3 download

ああ 冬空が 風に雪を舞うよ
   さらさらさらっと溶けてく
ああ 最後だけ 君が笑ってくれた気がした

ここは暗い森さ 何もない
緑、白く剥離 この場所で
なぜかケモノみたく笑ってた
君がケモノみたく笑ってた

君は僕の声を欲しがった
あげるよ 僕には呼ぶ人が無い
その翼を声とひきかえに
僕はケモノみたく空を見た

君の歌声を
きいてきいてきいてきいてきいて 呼んでくれよ

ああ 青空が 気持ち悪く見えて
   ぐるぐるぐるっと墜ちてく
ああ もう一度 君を思い出してたかな…かな

僕は君のことを 1つごと
なぜだろう ポストを覗きはしない
その手紙は届くことはない
白いノートの中 君が呼ぶ

君の泣き声は
きえてきえてきえてきえてきえて 大好きだよ

見たことない、遠い陽に似た
諦めていた夢うわのそら
僕は君の声を聞いていた

自由で自由で自由で
自由で自由で自由で
ああ ああ