粉雪と、ふたり

排水口 覗く
息白くあの子が見てた冬空 手をかける

粉雪、別々に逃げようか
君が笑っていた 指に触れた

約束 走れ走れ 君乗せて
粉雪、かくせかくせ ふたりかくしてよ